ウォーターサーバー口コミランキング※人気のメーカーを比較※

気になる?ウォーターサーバーの電気代のお話

夏の暑〜い日はキーンとなるまで冷えた冷水を、冬の寒〜い日はあったかなお湯を提供してくれるウォーターサーバー。

 

無くても生活できるけど、良い水が飲める少し良い生活をしたいならやっぱり欲しいですよね。

 

 

 

ただ、気になります。

 

ウォーターサーバーは、一度使い始めたら基本的にはずっと電源が入りっぱなしです。

 

設置だってタダではありません。

 

その上、いくらかかるか分からない電気代。

 

欲しい、でも設置するの止めようかなと思いますよね。

 

そこで設置をお悩みの方に、ちょっとだけ、電気代のお話をしましょう。

 

 

 

ウォーターサーバーの電気代は、概ねひと月に約1000円程かかります。

 

これは大体電気ポットを使ったときと同じくらいです。

 

中には省エネタイプのウォーターサーバーをレンタルできる企業もあるため、この電気代はもう少しお安くすることができます。

 

 

 

もうちょっと電気代を抑えたい方には、水の温度設定を変えることをおすすめします。

 

ウォーターサーバーは電気で温水を作ります。

 

この温水の温度を少しだけ下げれば、それだけ電気を節約することができるのです。

 

 

 

と、いうことは、電気ポットを利用するよりもウォーターサーバーを使う方が、冷水も温水も使えるメリットを入れてもお得です。

 

一台で何役もこなしてくれるので、一家に一台あれば便利な生活をすることができると思います。

ウォーターサーバーが伸びている理由

 

ウォーターサーバーが国内でよく利用されるようになりました。

 

急に伸び始めた背景には、あの東日本大震災があります。

 

震災の時に生活に必要な水が足りず、様々な方が苦労していたという情報は誰もが知っています。

 

そのためウォーターサーバーを利用して生活水を確保しようとする動きが広まっているのです。

 

 

 

ウォーターサーバーを利用すると、毎月必要な数だけボトルを受け取ることになります。

 

このボトルを残しておけば、いざという時に飲料水としての利用が可能です。

 

大きなボトルで残しておくことで、飲料水以外の使い道も当然出てきます。

 

そうしたことを考慮してウォーターサーバーを導入する個人や企業が増えていると言えます。

 

 

 

また原発事故もこれに拍車をかけました。

 

安全に水を飲むことができるのかという不安が広がったのは事実です。

 

そんな時に便利だったのがウォーターサーバーなのです。

 

安心して飲める水が欲しいという思いが、導入したいという方向へと繋がっていったのです。

 

 

 

これからもウォーターサーバーは伸びてくると思います。

 

個人だけでなく企業も採用して、安全な飲料水や生活水の手段として利用することでしょう。

 

生活していく意味でも便利な物ですが、災害時にも安心して利用できるのがウォーターサーバーの強みだと思います。